エントリーフォームはこちら
働く目的が違ってもいい。 
営業歴30年で初めて出会った新しい働き方のカタチ。 
教育インストラクター   2012年入社
どうやって
転職先を決めたらいいのか。
どうやって
転職先を決めたらいいのか。
このサイトをご覧になっている皆さんは、タクシードライバーに興味のある方だと思います。でもタクシー会社って暗い、怖い、きついというイメージが拭えないのが正直なところだと思います。実は私もその一人でした。しかし、実際のところ、岡山タクシーはそんなことはありません。用心深い私がどうやって岡山タクシーを選んだのか、ご紹介したいと思います。
比べてみました。
比べてみました。
まず、私は岡山タクシーを利用者として見てみようと思い、飲み会の帰りに岡山タクシーを呼んでみました。非常に丁寧な対応で、はじめの印象はとてもよかったのが正直な感想です。そして、社員の正直な意見が聞きたいなと思い、その時に乗務員に「実際さぁ、岡山タクシーっどうなの?」と聞くと「僕はめちゃくちゃいい会社だと思いますよ」とすっと返答が戻ってきたのです。こういうことを聞くと、案外会社の悪口を言いがちなのに、意外な返答だったので「本当にいい会社なのかな」と思いました。この時の乗務員がゆくゆく自分と一緒に教育インストラクターを担当することになるとは夢にも思いませんでしたね。次に、私は自分が目星をつけていたタクシー会社すべての面接を受けました。すべての会社に受かったのですが、今こうやって岡山タクシーで働いています。決め手は、実際に、乗務員の方からの話の印象が良かったこともありますし、面接のときの会社の雰囲気をみても「本当にアットホームな会社なんだな」ということが、すぐ伝わってきたことが理由です。これはよくいいすぎかもしれませんが、来ていただいた方には分かっていただけると思います。
営業畑を進んできた
自分にとって
新しい働き方との出会い。
営業畑を進んできた
自分にとって
新しい働き方との出会い。
営業歴30年の自分にとって驚きだったのは、タクシードライバーも営業なのに、働く目的が違ってもいいんだなと思ったことです。普通、営業だと何よりも大切なのは売上です。岡山タクシーでも大切なのは変わりないのですが、自分の頑張りが自分のお給料にそのまま反映されるため、変なライバル意識や会社からの過剰なプレッシャーもありません。そして、岡山タクシーの社員の100%は中途採用なため、タクシーに対する考え方や働き方に対する考え方は様々です。両備グループの理念や基本方針に共感できる人ならば、あとは自分なりの働き方を実現できるのが岡山タクシーのいいところです。営業畑を進んできた自分からすると、目から鱗の働き方でしたね。
本当のプロの条件とは?
本当のプロの条件とは?
よく新人さんや未経験の方から聞くのは「地理が不安」という声です。そんな時に私は、「プロのタクシードライバーの条件とは何だと思いますか?」という質問をします。皆さん、答えは何だと思いますか?私は「安全に、快適に、お客様を目的地にお連れすること」だと考えています。「安全」と「快適さ」をお客様にご提供するために、必ずしも決まったルートを通る必要はありません。すべての道を知っておく必要はありません。分からないときはお客様が教えてくださいます。「このお客様は自分をどこに連れて行ってくださるんだろう」という気持ちで、肩の力をぬきながら運転すると、かえって集中でき安全な運行ができるのだと思います。興味がある方、ぜひ岡山タクシーへ足を運んでみてください。
説明会日程・応募フォーム
岡山タクシー会社案内HP
インスタグラム
facebook
youtube
©岡山タクシー・採用サイト2018