史跡

旧野﨑家住宅(野﨑家塩業歴史館)

旧野﨑家住宅(野﨑家塩業歴史館)
江戸後期に製塩業で財を成した野﨑武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した屋敷。約3000坪の敷地には、枯山水の庭園、約...

箭田大塚古墳

箭田大塚古墳
箭田大塚古墳(やたおおつかこふん)は、岡山県倉敷市にある古墳。岡山県における三大巨石墳(他に牟佐大塚古墳、こうもり塚古墳)...

石上布都魂神社

石上布都魂神社
明治時代までは、素盞嗚尊が八岐大蛇を斬ったときの剣である布都御魂と伝えられていた。明治3年(1870年)の『神社明細帳』で...

熊山遺跡

熊山遺跡
熊山遺跡とは古来より信仰の対象となっていた熊山(508メートル)の山頂付近にある、基底部と3段の基壇で構成された石積みの建...

備前国分寺跡

備前国分寺跡
赤磐市南西部、岡山市との境に近い場所に位置する。天平13年(741年)聖武天皇による国分寺・国分尼寺建立の詔勅により、8世...

本蓮寺

本蓮寺
寺の歴史は南北朝時代の正平2年(1347年)京都妙顕寺の座主であった大覚大僧正が法華堂(本堂)を建立したことに始まる。牛窓...

寒風陶芸会館・寒風古窯跡群

寒風陶芸会館・寒風古窯跡群
寒風古窯跡群(さぶかぜこようせきぐん)は岡山県瀬戸内市牛窓町長浜にある須恵器窯の遺跡。国の史跡。瀬戸内市内には古墳時代から...

大多羅寄宮跡

大多羅寄宮跡
今日の岡山市の基は、岡山城を城府とした岡山藩の治世に求めることができ、江戸時代の前期に藩政の確立を遂げたのが、名君との誉れ...

浦間茶臼山古墳

浦間茶臼山古墳
形状は前方後円墳である。国の史跡に指定されている。古墳時代前期の3世紀末に築造されたと考えられている。古代吉備最古の大型前...

倉安川吉井水門

倉安川吉井水門
倉安川は倉田・倉益・倉富の三新田の灌漑と吉井川・旭川間の連絡のため、岡山藩主池田光政が津田永忠に命じてつくらせた延長約20...

大廻小廻山城跡

大廻小廻山城跡
古代朝鮮式山城で国指定史跡。瀬戸地域分では一の木戸と呼ばれる水門跡が発見されています。この一の木戸は、瀬戸町観音寺湯谷の集...

賞田廃寺跡

賞田廃寺跡
仏教寺院の遺跡。国の史跡。龍ノ口山南麓に位置する。遺跡の周辺では瓦片が出土するなど古くからここに寺院跡があることが知られて...

曹源寺

曹源寺
臨済宗妙心寺派の禅寺。山号は護国山。岡山藩主池田家の菩提寺である。本尊は十一面観世音菩薩。岡山藩池田宗家2代藩主綱政が、元...

牟佐大塚古墳

牟佐大塚古墳
箭田大塚古墳・こうもり塚古墳と並んで、岡山県下三大巨石墳の一つに数えられている。古墳時代後期から終末期にかけての6世紀末に...

旧足守藩侍屋敷遺構

旧足守藩侍屋敷遺構
白壁の長屋門と土塀に囲まれた家老杉原家旧宅。明治維新後急速に姿を消した武家屋敷ですが、それだけに保存状態の良いこの邸は、武...

撫川城址

撫川城址
撫川城(なつかわじょう)は、岡山県岡山市北区にある城。沼城とも称される。江戸時代には同城の跡に撫川陣屋が設けられた。永禄2...

犬養木堂記念館

犬養木堂記念館
岡山県立の犬養毅の記念館。なお、「木堂」は犬養毅の号である。「憲政の神様」と呼ばれ、五・一五事件に倒れた第29代内閣総理大...

尾上車山古墳

尾上車山古墳
岡山市街地の西方、吉備津彦尊の陵墓とされる中山茶臼山古墳の位置する吉備中山丘陵の東南尾根先端にある前方後円墳で、ぎりぎり山...

高松城址公園

高松城址公園
黒田官兵衛が進言した天下の奇策「水攻め」。天正10年(1582)6月、のちの秀吉の天下取りに大きな影響を与えた「備中高松城...