矢喰宮

矢喰宮

yakuiguusanmon

吉備津宮縁起によれば第十代崇神天皇の時百済の王子温羅と云う者があった。両眼大きく毛髪赤く、頬骨強大、身の丈抜群、その性勇悍腕力絶大常に仁義を守らず日本を覗わんとする志があった。本朝に来り諸州を暦覧する内、遂に吉備の国新山(後方の山)に登った。この地方の勝れたるを見てこの所に大門を起し、城壁を築き矢倉を立てて城郭をなして居を構え、時には西国より帝京に送る貢物を略奪した。近里に往来して人民を悩乱せしめた。時の人、この城郭を鬼ノ城と称し恐れた。天皇勅して大吉備津彦命を派遣し之を征伐せしめられた。即ち彦命は兵数千を率いて東の方吉備の中山に陣し、西の方は、日畑西山(稲荷山)に出で石楯を築き甲兵を引きい、鬼の城に向かい温羅と戦った。彦命、矢を放ては温羅の矢と空中に噛合い海中に飛び入る。其の所に宮を建てて矢喰宮と云った。之が今日の矢喰神社である。彦命、再び千鉤の矢に大矢二筋を番え発したところその一矢は喰い合って前の如く海中に飛び入ったが、他の一矢は温羅の左眼に命中した流血で流水の如くであった。其の所を名ずけて血吸川と云う。是に於て温羅は雉となって山中にかくれたが、命は鷹と化して之を追うた。次には鵜と化して噛んで之を揚げ、その所を名づけて鯉喰宮と云った。(東南二キロにあり)温羅、遂に錘旗を垂れ鋒刀を捨てて降ったとある。以上は吉備津彦にまつわる物語でこの地方に昔から語り伝えられている伝説である。左側の砂川が血吸川で血吸石がある。当時このあたりは海であった。 (おかやま旅ネット)

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

TAGs(Keyword)

黒田官兵衛 黒島 鷲羽山 須恵器 雪舟 陶芸 長船 鍾乳洞 金重陶陽 重森三玲 邑久 遺跡 道の駅 遊歩道 遊園地 農業公園 足守 赤煉瓦 資料館 謡曲 記念館 西大寺 製錬所 裸祭り 表町 表具師幸吉 藤棚 藤戸 藤原雄 藤原啓 藤公園 蒜山 荒川修作 茶臼山 茶室 英国庭園 自然公園 考古学 美術館 緒方洪庵 結婚式場 紅葉 竹久夢二 竜宮城伝説 神社 磯崎新 真備 直売所 町並み 由加山 産業遺産 現代美術館 玉島 狛亥 犬養毅 犬養木堂 犬島 特別史跡 物理学 牧場 牛窓 片鉄ロマン街道 片上鉄道 熊山 湯郷温泉 湯郷 湯原温泉 湯原 温羅伝説 温羅 温泉 渓谷 海岸 浮田幸吉 津田永忠 法然 池田家墓所 水族館 水攻め 民芸品 武家屋敷 植物園 森林公園 栃社山 枯山水 木下利玄 朝鮮通信使 日生 文化遺産 招き猫 恐竜 恋人の聖地 御津 彫刻 廃線跡 庭園 平櫛田中 常山 岡崎嘉平太 山本陶秀 山城 展示場 展望地 小堀遠州 女軍哀史 奥津温泉 奥津 天然記念物 天然樹林 天文台 天文 大原孫三郎 塩業 城跡 城址 地底湖 土ひねり 圓光大師 国宝 和気清麻呂 名勝 吉永 吉備路 吉備津 史跡 古民家 古戦場 古墳 原生林 博物館 動物園 加茂大祭 加子浦 刀剣 公園 八浜 八塔寺 児島虎次郎 児島 倉紡 倉敷美観地区 会陽 伊部 伊勢﨑淳 仁科芳雄 五重塔 五味の市 乙姫様 中南米 与謝野晶子 与太郎様 下津井 上寺山 三重塔 ヴィーナスロード ワイナリー ロケ地 レクリエーション ヨットハーバー ベル・串田 プラネタリウム フルーツ ファーマーズマーケット ノースヴィレッジ ドイツの森 テーマパーク スタジアム ジーンズ サーキット サッポロビール サイクリング コンベンション施設 コテージ カブトガニ オリーブ ふるさと村 かや葺き