大多羅寄宮跡

大多羅寄宮跡

Odara_Yosemiya

今日の岡山市の基は、岡山城を城府とした岡山藩の治世に求めることができ、江戸時代の前期に藩政の確立を遂げたのが、名君との誉れの高い池田光政です。藩主池田光政の治績については、これまでに一端を紹介していますが、特異な施策の一つに宗教政策をあげることができます。その政策は、藩主の信奉する儒教による仁政を信仰の面にも及ぼしたもので、寛文の社寺整理と呼ばれている藩内の神社と寺院の整理淘汰(とうた)や、禁止された宗教への徹底した対応、ほかに例を見ない神職(しんしょく)(神社)による宗門改め(信仰調査)、荒廃した由緒ある神社の復興などでした。神社の整理は、寛文6(1666)年に藩内の11,130社(やしろ)の由緒を調べて、氏神と産土神(うぶすながみ)の601社を除いては淫祠邪神(いんしじゃしん)として廃祀(はいし)にし、それらの祭神を代官所ごとに建立した71社の寄宮(よせみや)に、それぞれ合祀(ごうし)した施策です。光政の次代の藩主の池田綱政は、各地の寄宮が傷んできたので、正徳2(1712)年に旧上道郡大多羅村(現岡山市大多羅町)にあった句々廼馳(くぐのち)神社の境内を拡張し、新たな寄宮を造営して従来の寄宮のうちの66社を合祀の上で、それらを廃祀にしました。新たな寄宮の大多羅寄宮は、岡山藩が維持を図っていましたが、明治維新後にはそれが無くなり、荒れ果ててしまい、明治8(1875)年に山のふもとの布勢神社に合祀され、社殿が廃棄されました。大多羅寄宮は、南北に細長い境内地が芥子山の西端の頂を占めており、今は本殿と拝殿の跡と想定される北部の上下二段の基壇(きだん)と、参道南の創建時の鳥居が残るだけです。岡山藩の特異な宗教政策の象徴ともいえるこの寄宮の跡地には、造営の経緯から見て、基壇の下か背後の地中に、淫祠邪神として廃祀を被った古代吉備国以来の在地の神々の「ご神体」が、密(ひそ)やかに眠っているかもしれません。 (岡山市教育委員会元文化財課長 出宮徳向)


公式HP

Screenshot
おかやま旅ネット

Screenshot
Wikipedia

Screenshot

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

TAGs(Keyword)

黒田官兵衛 黒島 鷲羽山 須恵器 雪舟 陶芸 長船 鍾乳洞 金重陶陽 重森三玲 邑久 遺跡 道の駅 遊歩道 遊園地 農業公園 足守 赤煉瓦 資料館 謡曲 記念館 西大寺 製錬所 裸祭り 表町 表具師幸吉 藤棚 藤戸 藤原雄 藤原啓 藤公園 蒜山 荒川修作 茶臼山 茶室 英国庭園 自然公園 考古学 美術館 緒方洪庵 結婚式場 紅葉 竹久夢二 竜宮城伝説 神社 磯崎新 真備 直売所 町並み 由加山 産業遺産 現代美術館 玉島 狛亥 犬養毅 犬養木堂 犬島 特別史跡 物理学 牧場 牛窓 片鉄ロマン街道 片上鉄道 熊山 湯郷温泉 湯郷 湯原温泉 湯原 温羅伝説 温羅 温泉 渓谷 海岸 浮田幸吉 津田永忠 法然 池田家墓所 水族館 水攻め 民芸品 武家屋敷 植物園 森林公園 栃社山 枯山水 木下利玄 朝鮮通信使 日生 文化遺産 招き猫 恐竜 恋人の聖地 御津 彫刻 廃線跡 庭園 平櫛田中 常山 岡崎嘉平太 山本陶秀 山城 展示場 展望地 小堀遠州 女軍哀史 奥津温泉 奥津 天然記念物 天然樹林 天文台 天文 大原孫三郎 塩業 城跡 城址 地底湖 土ひねり 圓光大師 国宝 和気清麻呂 名勝 吉永 吉備路 吉備津 史跡 古民家 古戦場 古墳 原生林 博物館 動物園 加茂大祭 加子浦 刀剣 公園 八浜 八塔寺 児島虎次郎 児島 倉紡 倉敷美観地区 会陽 伊部 伊勢﨑淳 仁科芳雄 五重塔 五味の市 乙姫様 中南米 与謝野晶子 与太郎様 下津井 上寺山 三重塔 ヴィーナスロード ワイナリー ロケ地 レクリエーション ヨットハーバー ベル・串田 プラネタリウム フルーツ ファーマーズマーケット ノースヴィレッジ ドイツの森 テーマパーク スタジアム ジーンズ サーキット サッポロビール サイクリング コンベンション施設 コテージ カブトガニ オリーブ ふるさと村 かや葺き