撫川城址

撫川城址

Natsukawajo

撫川城(なつかわじょう)は、岡山県岡山市北区にある城。沼城とも称される。江戸時代には同城の跡に撫川陣屋が設けられた。永禄2年(1559年) 備中国の三村家親が備前国の宇喜多直家に備える為に築かせたと伝えられている。天正3年(1575年) 三村氏が、毛利氏に滅ぼされてからは毛利氏の出城となり、配下の井上有景が、この城を守備するようになる。天正10年(1582年) 羽柴秀吉の備中高松城水攻めの際に、毛利方の国境防備の城「境目七城(冠山城、高松城、宮地山城、鴨庄城、日幡城、松島城、撫川城)」の一つとなり、城主の井上有景が800余人を率い守備する。この際、位置的に孤立した場所にあったため、吉川元春、小早川隆景に早々に撤退するように下命されていたが、有景はその命令に背き、羽柴軍との間で激戦が交わされた。その際に、井上有景の軍勢は羽柴軍に敗れ かの地は宇喜多氏の領有となり しばらくの間、当城は廃城となる。延宝7年(1679年) 庭瀬藩4代藩主 戸川安風が、早世した事により 弟の戸川達冨が名跡を継ぎ、5,000石を知行する。陣屋は撫川城を中心にした場所に設けた。現在の撫川城は東西77m、南北57m、幅15mの濠と野面積の石垣からなり、西半分には高さ4mの高石垣、東半分には土塁が現存している。また、北西端には櫓台と思われる石垣の張出しも見ることが出来、現存する城としては珍しいものである。また、入口にある門は撫川陣屋総門を明治になって現在地に移築したものと伝えられている。近隣に庭瀬城があり、撫川城とは僅かに数百メートルしか離れていない。1957年(昭和32年)に岡山県指定史跡(第1号)指定された。現在の敷地内北側には三神社が鎮座し、撫川城址公園として周辺住民の憩いの場所となっている。 (おかやま旅ネット)


公式HP

Screenshot
おかやま旅ネット

Screenshot
Wikipedia

Screenshot

コメントはこちらから

*
*
* (公開されません)

TAGs(Keyword)

黒田官兵衛 黒島 鷲羽山 須恵器 雪舟 陶芸 長船 鍾乳洞 金重陶陽 重森三玲 邑久 遺跡 道の駅 遊歩道 遊園地 農業公園 足守 赤煉瓦 資料館 謡曲 記念館 西大寺 製錬所 裸祭り 表町 表具師幸吉 藤棚 藤戸 藤原雄 藤原啓 藤公園 蒜山 荒川修作 茶臼山 茶室 英国庭園 自然公園 考古学 美術館 緒方洪庵 結婚式場 紅葉 竹久夢二 竜宮城伝説 神社 磯崎新 真備 直売所 町並み 由加山 産業遺産 現代美術館 玉島 狛亥 犬養毅 犬養木堂 犬島 特別史跡 物理学 牧場 牛窓 片鉄ロマン街道 片上鉄道 熊山 湯郷温泉 湯郷 湯原温泉 湯原 温羅伝説 温羅 温泉 渓谷 海岸 浮田幸吉 津田永忠 法然 池田家墓所 水族館 水攻め 民芸品 武家屋敷 植物園 森林公園 栃社山 枯山水 木下利玄 朝鮮通信使 日生 文化遺産 招き猫 恐竜 恋人の聖地 御津 彫刻 廃線跡 庭園 平櫛田中 常山 岡崎嘉平太 山本陶秀 山城 展示場 展望地 小堀遠州 女軍哀史 奥津温泉 奥津 天然記念物 天然樹林 天文台 天文 大原孫三郎 塩業 城跡 城址 地底湖 土ひねり 圓光大師 国宝 和気清麻呂 名勝 吉永 吉備路 吉備津 史跡 古民家 古戦場 古墳 原生林 博物館 動物園 加茂大祭 加子浦 刀剣 公園 八浜 八塔寺 児島虎次郎 児島 倉紡 倉敷美観地区 会陽 伊部 伊勢﨑淳 仁科芳雄 五重塔 五味の市 乙姫様 中南米 与謝野晶子 与太郎様 下津井 上寺山 三重塔 ヴィーナスロード ワイナリー ロケ地 レクリエーション ヨットハーバー ベル・串田 プラネタリウム フルーツ ファーマーズマーケット ノースヴィレッジ ドイツの森 テーマパーク スタジアム ジーンズ サーキット サッポロビール サイクリング コンベンション施設 コテージ カブトガニ オリーブ ふるさと村 かや葺き